FC2ブログ

浜名湖の風に乗って。。。

現在の閲覧者数:
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一票お願いします。→GyoNetBlog ランキングバナー 押してね!ブログランキング
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ベランダFRP防水工事

ベランダFRP防水工事

今日は最近さぼりがちな仕事のお話です。
このところ台風の影響で屋根工事・板金工事・外壁工事・カーポート屋根修理等々。
色々とバタバタしている状態が続いています。 (釣りにはちゃっかり行ってますが・・・。)
その中でもお客様に『意外と高いなぁ。材料買って自分でやった方が安いよ!簡単に出来るだろ!』と思われがちな工事をご紹介します。

住宅のベランダ防水工事は大体2種類の方法になります。
1つはウレタン防水でもう一つがFRP防水になります。
主に現状のベランダの下地がモルタルやコンクリートで出来ている場合はウレタン防水。
木やケイカル板とかはFRP防水が多いようです。
釣りに使うボートも使う材料は違うけどほとんどやり方同じだと思います。

今回のお客様のベランダはちょうど塗替えに良い時期の状態です。
作業前

トップコートが剥がれてスケルトンの状態がところどころ見られる程度。 
(安く済む状態ですね。)
ベランダ表面
・・・のはずでしたが、今回の台風により瓦が落ちてチョコチョコキズが見られます。
キズがなければアセトン+トップコートの表面処理でもいいのですが、雨漏り防止対策に防水層を設ける事にしました。
でもこの状態が進むと下地のガラス繊維が毛羽立ち、表面はデコボコ状態。
なんて事になると下地処理で工期はかかるし、コストも当然上がります。
やっぱり早めに対処された方が得ですよねぇ。 (リールが買えちゃうわん。)

さて作業開始です!
まずは綺麗に隅々までお掃除しちゃいます。
それから立ち上がり以外に塗料がつかないようにマスキングしていきます。
作業状況
そして写真の1~4の作業に入るわけです。
特に4番の空気を抜く作業は大事です。防水屋さんには当たり前の作業ですが、下手な業者を選ぶと大変な目にあいますので注意ですね。 
(あと、作業内容も知らないまかせっきり監督には注意ですよ。)
そして工事の終盤のトップコートを塗って行きます。
でもその前に知って欲しい事を書きますね!
最終工程トップコート
左上に見えるピンク色の溶剤が硬化剤と呼ばれている物になります。
これを入れる事によって硬化を促進させるのですが、これがもっとも危険な液体なんです。
人の皮膚に少し付いて知らないでいると火傷をしてしまいます。
プロでもズボンに付いて大火傷で病院に連れていかれたくらいのものなんです。
でもこれが無いと仕事になりません。ですから素人には無理なんですよ。
あと、作業場付近の大人や特に子供の立ち入りは厳禁です。
簡単そうに見えてもやっぱりプロにまかせた方が安く済む事が多いですよ!
(材料も足りないと困るし、多いと損するし・・・etc。)

トップコートも順調に進みまして13㎡位のベランダは何とか1日で終了です。
FRP防水完了です!
御覧の通りの素晴らしい出来栄えですね!
トップコートは使用頻度・人の動線にもよりますがおおよそ8年位をメドに塗替えたいところです。
お宅のベランダのFRP防水繊維は見えてきてませんか?

ベランダウレタン防水については魚を沢山釣ったら考えますね!

それでは次回 『弾丸ブリをこんなに釣っちゃった』を!
あなたの夢のなかで御覧ください!!

スポンサーサイト

一票お願いします。→GyoNetBlog ランキングバナー 押してね!ブログランキング
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。